記事詳細ページ

§9 あなたメッセージでは伝わらない

 先日中学2年生の子どもさんがいる受講生さんが
「躾をしようと私の考えを伝えるのだけれども、子どもは行動を変えようとしないし、逆に反発されてしまいます。本当にイライラする毎日です。」
と言っていました。
 多かれ少なかれ親はこんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。
親は「子どもに教えなければならない。」とばかり、力んでしまうことはないでしょうか。
そして子どもから反発されてしまうことがあるのではないでしょうか。
 子どもは、今まで自分の気持ちを理解してもらえずに親の考えを押し付けられてきたという思いがあります。
その体験から、親の言動を、どうせまた説教されてしまうと決めつけることがあります。
親から「あなたが悪い。」「あなたのやっていることはよくない。」と、
自分の行動を制限・規制する言葉ばかりをかけられてきたからです。
親業でいうお決まりの12の型の言い方です。
この言い方はすべて「あなた」について話す「あなたメッセージ」です。
 例えば、約束の時間にかえってこなかった子どもに
「 (あなた) 今まで何していたの。」
「(あなた)約束を守らなくてダメな子ね。」
と言って親に『ごめんなさい』と言わせようとしていませんか?
こういう言い方では、子どもがもしも謝ったとしても、心の中で「だって」「でも」 と思っているでしょう。

 あなたを主語にして、あなたの行動に制限・規制する言い方を 『あなたメッセージ』といいます。
こういう言い方では、本当の親の気持ち、=子どもが心配だったこと=は子どもには伝わらないのです。
逆に、子どもは、自分がよいと思っていた言動を親に拒否されたと思ってしま
うのです。
 「あなたメッセージ」を使ったときも、
これから伝える「わたしメッセージ」を使ったときも、
子どもはかわいいし、大事だと言う親 (自分) の気持ちは同じなのですが、
「あなたメッセージ」で子どもに伝えると、子どもは親に嫌われているのではないかと思ってしまいます。
例えば、謝れと言われ、納得できない気持ちのまま謝ったとしたら、
子どもに不満が残り、これからも行動を変えることはないでしょう。
『あなたメッセージ』を『わたしメッセージ』にして親の気持ちを伝えて、
子どもが本当に納得すれば、子どもはすすんでして謝り、子どもの行動も変わるでしょう。
 何気ない親の言葉が、子どもに取っては一生の傷になることもあります。


2019.03.17:[親業会員情報]

Access 579,073pv (2005.10.18〜) Today 144pv Yesterday 287pv