記事詳細ページ

座談会での事例

ご一緒した方が
小さいお子さんをお持ちの方だったので
ありそうな事例を2つ参考にと話しました。



わたしメッセージとあなたメッセージ
あなたが疲れて一休みしているところへ,子どもが膝にのってきました。

タイプAのお母さん
子:「ねえ、ご本読んで」
  とひざに座ってきました。心底疲れていたあなたは、
親:「あとでね」
  と言って子どもをひざから下ろし、横に座らせました。


タイプBのお母さん

子:「ねえ、ご本読んで」
  とひざに座ってきました。

親:「たけしくんは,ご本を読んで欲しいの?」

子:「ウン」

親:「そうか。でもね今お母さんすっごく疲れていて,ちょっとでいいから休みたいんだ」

子:「えーー,ご本読んでぇー」

親:「ご本読んで欲しいんだ。お母さんも少し休んでからなら、読んでもいいよ。
今【2】のところにある時計の針が【4】のところにきたらご本読む元気が出ると思うから,それまで待っててくれる?」



能動的な聞き方

三歳になる娘のすずかは食が細く,せっかく作った料理も残すことが多く困っていました。

タイプAのお母さん

子:「すずか、ご飯いらない」

親1:「だめよ,ちゃんと食べなさい」

親2:「ちゃんと食べないと大きくなれないわよ」

親3:「好き嫌いしちゃだめよ」


いくら言っても食べようとしません



タイプBのお母さん

子:「すずか、ご飯いらない」

親:「すずかは、今ご飯食べたくないのね?
   お腹がすいていないの?」

子:「お腹は、すいてるよ。でも、白いご飯はイヤ」

親:「そう、白いご飯がイヤなのね」

子:「わたし、ふりかけかけたら食べるよ」

親「そうかあ、ふりかけのかかったご飯がよかったんだね。」



実際にあったことです。
それぞれの対応でお子さんはどんな感じをもつでしょう?

2016.02.25:[事例集]

Access 130,516pv (2005.10.18〜) Today 22pv Yesterday 205pv